リノベーションされている高級マンションがある

古くても生まれ変われる

インテリア

リノベーションの必要性について

東京でも賃貸の高級マンションがリノベーションされて貸し出されていることがあります。リノベーションとは、リフォームの一種ですが、リフォームとの違いは、その価値を新築時当初よりもあげることです。賃貸物件の場合はよくリノベーションされているのは、空室をなくすためだと言われています。例えば、築20年もワンルームマンションがあった場合に、普通は20年も経過すると設備も古くなってくるため空室が目立ちます。同じような家賃ならばできるだけ新しいほうがいいと思うのが普通です。マンションも空室があるかどうかに関係なく、次々と新しいものが建築されます。マンションのオーナーも古いものよりは新しいものが好まれるのはよく知っているから新築を建てるのです。

成功例について知っておこう

ですが、東京で古い高級マンションを所有しているオーナーも自分が所有している建物の周囲で新しい建物が建築されているのをただ見ているわけにはいきません。ただ、だからといって新築のマンションを建設するにはお金がかかりすぎます。そこで、耐震性に問題がないのであれば、既存の賃貸マンションをリノベーションして新しくするという方法が考えられます。賃貸マンションをまったく違う形にしてソーシャルアパートメントにすることで空室が減少したという成功例もあります。また、せっかく新しくするのだから普通のマンションにしても面白くないので、デザインに凝った造りにしたことで満室が続いていることもあるようです。このような、少し手を加えるだけで、築20年もマンションでも生まれ変わることが可能なのです。